割安なワラント銘柄のスクリーニング方法 - マスオさん太のeワラント挑戦記

eワラントでプチ贅沢

eワラント挑戦記 eワラントとは、少しの資金でも大きなリターンを狙える金融商品です。おまけに、投資対象が値上がりしても値下がりしても設けるチャンスがあります。でも、なんといっても一番のメリットは、私のようなサラリーマンでも、少ない小遣いをやりくりして地道に増やすことが出来るかもしれない大きなチャンスを秘めた投資ということです。 どれだけ儲けることが出来るか分かりませんが、その売買を記録していきます。

割安なワラント銘柄のスクリーニング方法

ワラントが売買できる銘柄というのも限られていますし、コール、プ
ットともに、権利行使価格がかけ離れていると、「本当にこの値段まで行くの
?」と懐疑的になってしまうのも人間の心理です。

では、どうやって割安なワラント銘柄を選んで購入すれば、大きなリターンを
得られるのでしょうか。

まず、財務体質が強く、業績が安定している会社をスクリーニングしましょう。
会社四季報などのCD-ROMを使えば、スクリーニングできるはずです。
条件としては、

1)自己資本比率30%以上
2)3期連続経常黒字
3)利益剰余金がプラス

といったところが考えられるでしょうか。

1)の自己資本比率は、財務体質の強さを見る指標です。資産に占める自己資
本(資産のうち負債ではない部分)の割合を計算したものであり、これが高いほ
ど健全性が高いといえます。

2)の3期連続営業黒字という条件は、企業の安定性を見ます。企業の安定性
を見るには、経常損益が安定して黒字であることが最低条件です。

3)の利益剰余金プラスも、財務体質の健全性を見る指標です。会社が毎年稼
いでいる利益のうち、余剰金として蓄積されているものが、利益剰余金です。
これがプラスなら、資金面・財務面でまずまず健全といえるでしょう。

こうしてピックアップされた銘柄から、まず前期が大赤字の会社を外します。
前期が大赤字の場合は、今期については税金が免除され、その分利益がかさ上
げされてしまっている可能性があるからです。

次に、景気循環色が強い銘柄を外します。素材関係など、景気循環によって収
益が大きくブレる業種の株も、その年の利益が一時的に上ブレしている可能性
があるからです。これらの銘柄は一時的に業績がかさ上げされている可能性が
あり、業績データが信用できないためです。

さらにそこから低PBR、低PERで絞り込んでいきます。PBRは1倍前後かそれ以下
のものの中から、PERは20倍、できれば10倍前後のものに絞っていきます。

PBRとは、株価が1株株主資本の何倍かを計算した指標です。株主資本は会社の
資産から負債を差し引いたもので、会社が解散した場合に株主に返される資産
部分のこと。株価がこれと比べて1倍以下なら割安といえるでしょう。

このような銘柄を見つけたら、とりあえず拾っておきましょう。ワラントの魅
力は低価格投資です。数千円、数万円が、ときには100万円以上になるのです
から、ボロ株でもファンダメンタルズで割安と判断できれば買っておけば化け
る可能性は充分にあります。

しかし、今人気化している銘柄に飛び乗ってすぐに利益が出るというのは、よ
っぽど運がいい人です。このような相場では、循環物色されていくため、次に
何が材料視され、相場化するのかわかりません。

そこで、ワラントの場合、10銘柄ぐらいを中長期的に持って、どれかが噴き上
がるのを待つという方法がいいでしょう。10銘柄のうち9銘柄がボロのまま終わ
っても、1銘柄さえ10倍以上に噴き上がれば、充分にモトを取れますしね。

2009-01-05 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © マスオさん太のeワラント挑戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。